若ハゲのせいで結婚を意識していた女性にフラれた僕が、今ではモデルと交際している理由

サイトマップ

若ハゲだから結婚出来ないのか?



今から数年前、僕がまだ20代後半の頃の話です。

当時つきあっていた女性が居ました。

彼女は僕の2つ下、背は低めで笑うとえくぼの似合うチャーミングな女性でした。



2年間付き合っていて、色んな所にデートにも行ったし、沢山の思い出があります。

彼女は良く気の利く子でベンチに座るときにさりげなくハンカチを敷いてくれるような優しさがありました。

この人とだったら暖かい家庭が築けそう・・・



次第に僕は彼女との結婚を意識し始めました。



海の見える公園で僕は勇気を振り絞ってプロポーズしました。「僕と結婚してくれないか。」


「ごめんなさい・・・」


全身の力が抜けました。

最愛の彼女に別れを告げられた僕はそれからどうやって家にたどり着いたかも覚えていません。



「あんなに上手く行っていたのに・・・」



でも、心のどこかで「やっぱりな。」という気持ちがありました。

僕は20代にしては頭頂部が異常に薄かったんです。

ストレートに言えば「若ハゲ」です。


彼女が別れた後に女友達に「自分の子がハゲるのは嫌だから」と言っていたそうです。



町を歩いていても人々の視線が自分の頭に行っている事は解っていました。

今思えば当時の彼女が一緒に街を歩いて居るときにどこかうつむき加減だったのも、みんなの視線が気になるからなのでしょう。

若ハゲは結婚出来ないのでしょうか。



髪の毛が薄いと言うだけでなぜ別れを告げられなければならないのか。

僕はしばらく仕事も手に着かない状態で立ち直れませんでした。

女性とも上手く話せない状態がしばらく続いたと思います。


●運命を変えた世界毛髪研究会議





そんな時です、偶然にも「世界毛髪研究会議」を知りました。

最初は「なんだそれ?」と思いました。

しかし、良く調べてみると髪の毛を研究する権威ある学会で世界中から研究者が集まる会議の場らしいのです。



コロンビア大学医学部皮膚科

シェフィールド大学医看護学部感染症 免疫学科

ブラッドフォード大学皮膚科学センター

ブリティッシュコロンビア大学皮膚科

マウントサイナイ医科大学 再生医療


等々、他にも沢山の毛髪研究団体が参加しています。


この権威ある学会で最優秀賞を受賞したのがなんと日本の研究機関だったんです。


その研究機関とは・・

サラヴィオ化粧品と言うところです。


糖化型脱毛症の発症機構を久留米大学との共同研究で国際科学雑誌にも掲載されました。

この名誉は日本企業で初だそうです。

毛根のエネルギーが作られる仕組みを世界で初めて解明し、それらの功績はTVや新聞、雑誌でも広く取り上げられました。



これらの最先端科学と研究で作られた育毛ミストが僕がモデルと交際出来るようになった秘密です。




使い始めて1ヶ月くらいのころから細くて柔らかい頭頂部の髪の毛が次第に太さを増している事に気づいたんです。

色んな育毛剤を試しましたが効果が実感出来たのはこれが初めてです。

その後も使い続けた結果明らかに薄毛の部分に改善が見られました。



●若ハゲが治ると自信がもてる




あんなに悩んでいた若ハゲが・・

今では過去の思い出になりました。

不思議な物ですね、髪の毛が増えただけなのに自信まで付いてきて高嶺の花と思っていた女性に思い切って告白!



返事は・・・あっさりOKでした。



最近になって元カノから連絡がありました。

「久しぶりに会わないか」という内容のものでした。

僕はハッキリ


「悪いけど今、真剣に交際している人が居るんだ、だから二度と会うのはよそう。」

そう返事をしました。



元カノに振られて落ち込んでいたのはもう遠い過去のことです。

今は大好きな彼女とこの先に見えるすばらしい未来を想像しています。



↑↑モデルと交際出来た育毛ミストの詳細はここをクリック↑↑


「若ハゲのせいで結婚を意識していた女性にフラれた僕が、今ではモデルと交際している理由」について

若ハゲが原因で結婚を断られた悲惨な過去を持つ僕が今ではモデルとラブラブな理とは?